FXを始める前に証券会社を選ぼう!

      2017/07/19

 

秀吉です。

 

FXを始めるためにはFXの資金を預ける

証券会社を選ぶ必要があります。

 

正直、一概にこの証券会社が良いというのはなく、

どこの証券会社もメリットデメリットはあります。

 

また、人それぞれお金の重みも変わってきますので、

個人的には取り合えあえず安心して取引が出来る5社以上を選び、

複数の証券会社に登録されることをおすすめします。

 

これがFXを始める前の第一準備です。

 

いずれは通る道だと思いますので、

FXをやる気の人は登録自体は無料ですので、

ササッと登録してしまう事をおすすめします。

 

 

 

証券会社を選ぶ基礎知識

 

証券会社を選ぶ基礎知識として

各証券会社ごとに用意されているツールや資産保全が異なりますので、

一通りザックリ見て、あなたに合う証券会社を選ぶようにしましょう。

 

選ぶ基準としては

テクニカルチャートや経済指標、為替ニュースが

見にくいツールは避けた方が良いと思います。

 

特に各通貨ぺアレート、注文画面に違和感を覚えれば、

そこは辞めておいた方が良いです。

 

あと、心配ならサポート体制がきちんと整っている業者の方が

安心して取り組めるのではないかと思います。

 

そういっ点では後で紹介しますが、

SBIFXトレードDMM.FXは初心者にも扱いやすいかなと思います。

 

まあ、昔と比べるとどこの業者も

初心者が参入できるように力を入れているので、

最低限のことは可能です。

 

どこも顧客を集めるのに必死なんですよね^^

 

レバレッジもMAX25倍対応していますし、

取引手数料も無料のとこが多いですし、

資産の保全も対応しているところばかりです。

 

とりあえず、安心して口座開設を出来る5社をピックアップしますね。

 

 

 

秀吉がおすすめする証券会社

 

SBIFXトレード

約4円からトレードをすることができ、
低コストで取引可能なのが魅力的です。

色々な情報商材でも
SBIFXトレードを推奨しているところが多いので
まず持っておいてほしい証券会社のうちの一つです。

 

DMM証券

DMMは初心者の方から上級者の方までバランスよく
バランスをよく考えている証券会社で
情報量やサポートも充実しています。

また、口座開設をすると
1万円キャッシュバック等のサービスも実施ているので、
詳しくは公式サイトを見てみてください。

 

GMOクリック証券

魅力的なツールが多く、
株式や商品オプションにも対応しているため
FX以外の投資を考えているのなら、
GMOは持っておいた方が良いと思います。

スプレッドのほとんどが日本トップクラスですので、
不自由なくトレードが出来ると思います。

 

OANDA Japan


スキャルピングをメインとする人に向いていて
高い約定力でパパッとトレードしたい人にオススメです。

1ヶ月以上かけて投資をする中期長期投資ではなく
基本的に数分~数週間の間でトレードをする
短期投資が中心の方におすすめです。

 

JFX株式会社


安全性が高く、取引コストが安い、
さらにはスワップポイントが
非常に高いのが魅力かと思います。

総合的なバランスで言えばトップクラスの会社ですので、
初心者に優しい業者と言えるでしょう。

 

基本的この辺りでしたら、

初心者の方でも簡単で楽にトレードできると思います。

 

これからFXを始めようと考えている方は、

スマホからでも申請出来ますので

登録作業だけでも進めてみてください。

 

 

 

今回のまとめ

 

・それぞれの証券会社によってメリットデメリットはある
・最初はとりあえず5社に登録をし、中身をいじってみる
・使いにくいと思った業者は扱わない
・証券会社がないとFXが出来ない

以上が今回のまとめになります。

 

FXを始めるには証券会社がないと始まらないので、

まだ、証券会社をお持ちじゃなければ、

とりあえず、色々と登録してみてください。

 

リスク分散と言う意味でも、

複数の証券会社を持っておくことをおすすめします。

よく見られている記事

 - FXについて, 証券会社の選び方