FXを始める前にトレードスタイルをチェック!

      2017/07/22

 

秀吉です。

 

今回はFXを始める前に

どういったトレードスタイルがあなたに

合っているのか確認をする必要があります。

 

1日10分しか作業もが出来ない人もいれば、

夜にしか時間が取れない人もいる。

 

人それぞれライフスタイルは異なりますので、

あなたのライフスタイルに合ったトレード手法で実践しましょう。

 

 

トレードの種類

 

一般的にトレードの種類は4つ存在します。

・スキャルピング(数秒~数分でトレード)
・デイトレード(数分~1日でトレード)
・スイングトレード(1日~数週間でトレード)
・ポジショントレード(数週間~数年でトレード)

それぞれメリとデメリットはあるんですが、

基本的に予測時間が短ければ短いほど楽で、

予測時間が長くなれば長くなるほど難しいです。

 

では、それぞれのトレードスタイルでどういった特徴があるのか?

 

1つずつ解説してきます。

 

 

スキャルピング(数秒~数分でトレード)

 

スキャルピングとは

一定方向に動く最小の時間単位で利益を低く確実に稼ぐのが、スキャルピングです。

 

利益こそは少ないですが、

それと同時に損失も少ないので、

楽しく低リスクで実践できるのが特徴です。

 

トレンドに乗ってトレードすることが多いので勝ち越すことが多く、

コツコツ稼ぎたい方にはおすすめできるトレード手法です。

 

逆に一気にドカーンと稼ぎたい方には向いていない手法になりますね。

 

1回のエントリーで1~10pipsくらいを狙うのが相場です。

 

ドル/円でも出来るので

最初はスキャルピングのドル/円がおすすめです!

 

 

 

デイトレード(数分~1日でトレード)

 

デイトレとは1日の値動きを利用して利益を狙う取引のことを言います。

スキャルピングは1度のトレードで

約10pips前後を目標に取り組みますが、

デイトレの場合は1度のトレードで

約100pips前後まで狙うことが出来ます。

 

つまり、スキャルピングの10倍です^^

 

もちろん、1日1回~5回程のトレードですので、

トレードする回数こそは少ないですが

ゴッソリ稼げるのがデイトレードの良い所です。

 

基本的には朝起きて、ポジションを持ち

寝る前にポジションをゼロにして終えるのが一般的です。

 

デイトレでポジションを持ったまま寝ると

気になり過ぎて安眠は出来ないと思います(笑)

 

比較的値幅が大きいユーロ/円、ポンド/円、米ドル/円がおすすめです。
※ちなみに私は基本的に円が絡んでないトレードはしません(笑)

 

スキャルピングになれて来たら

徐々にデイトレもかじってみるといいかもしれませんね。

 

 

 

スイングトレード(1日~数週間でトレード)

 

スイングトレードとは相場の波の一周期の値動きを

利用して利益を狙うトレード手法のことを言います。

 

だいたい数日から数週間程度をかけてゆっくりトレードし、

スイングトレードになるとレバレッジをかける人も多くなります。

 

基本的には5倍~10倍が相場ですが、

スイングトレード初心者ということでしたら、

まずは3倍程度の抑えることをおすすめします。

 

利ザヤは100pips~300pipsは狙いたいところです。

 

通貨ペアとしては豪ドル/円やドル/円が基本で、

21指数移動平均線を見てトレードする人が多いと思います。

 

 

慣れてくるとスイングトレードでやっている方が比較的安心感があるので、

FXをやり始めて半年後にはスイングトレード並行するのが理想かと思います。

 

もちろん、相場ですのでどう動くかはわからないので、

ストップロスはしておいた方が良いでしょう。

 

とりあえずここまで来れば初心者脱出です!

 

 

 

ポジショントレード(数週間~数年でトレード)

 

ポジショントレードとは数週間から数ヶ月、

場合によっては数年を変えてトレードする手法のことを言います。

 

ポジショントレードになるとほとんどレバレッジをかける人もおらず、

5倍以下でキープしている人が多い印象です。

 

あまりFXに関心ない人が

「とりあえずやってみよう」感覚が多いかな。

 

ただ、ポジショントレードの場合はスワップ金利を狙う人も多く

1回のトレードにスワップ金利も加算されます。

 

 

スワップ金利とは

債務者が借入している貸金に対して適用する

金利制度を変更した結果、適用される金利のことを言います。

 

簡単に言ってしまえば、

日本に1万円を預けたら1日で100円の利子が付きますが、

アメリカに1万円を預けたら1日で300円の利子が付いたとします。

 

そうなると、アメリカに預けておくだけで

300+100=200

毎日+200円の金利差を受けることが出来ます。

 

逆にアメリカが日本にドルを預けておくと

100-300=-200

毎日-200円の金利差を払わなければいけません。

 

日本の金利は0.10%しかありませんが、

オーストラリアの金利は1.50%もありますので、

豪ドルを買っておけば1.40%の金利を貰える事になります。

 

日本は低金利国なので、

スワップ金利を狙ってトレードする人も少なくないです。

 

 

話が脱線したので、話を戻します。

 

「そろそろトレードしようかな」

 

と思った時に使うのが21日指数移動平均線で

指数移動平均線にフィットしているのでおすすめです。

 

狙うべき利ザヤは100pips~1000pipsといったところでしょうか。

 

長期的に持つため相場を軽視しがちですが、

急激の下落というのは突然にやってくるものです。

 

ですので、ストップロスは必須

きちんと自分の中に明確なルールがない限りは

やらない方が良いかと思います。

 

投資経験者ならいいですが、

投資初心者はまずはスキャルピングから手を付けてみてください。

 

 

 

今回のまとめ

 

・スキャルピング(数秒~数分でトレード)
・デイトレード(数分~1日でトレード)
・スイングトレード(1日~数週間でトレード)
・ポジショントレード(数週間~数年でトレード)

以上が今回のまとめになります。

 

まだFXをやったことがない方は

とりあえずスキャルピングで通貨ペアはドル/円をやってみてください。

よく見られている記事

 - トレードの種類, FXについて