これだけは知っておきたいFXの専門用語

      2017/07/19

 

秀吉です。

 

今回は、これだけは知っておいてほしい

FXの専門用語について紹介したいと思います。

 

今回紹介する専門用語13個。

・チャート
・通貨ペア
・ロングとショート
・ポジション
・スプレッド
・pips
・ロット
・レバレッジ
・スワップポイント
・売買手数料
・順張り
・逆張り
・ロスカット

では早速行きます!

 

 

これだけは知っておきたいFXの専門13大用語

 

チャート

チャートとはこういったグネグネ動いている
値動きを表示するグラフのことを言います。

各証券会社ごとにもチャートを見ることはできますが、
MetaTtader4が便利ですので、
ダウンロードしておくことをオススメします。

 

 

通貨ペア

通貨ペアとは他国通しのお金のことを言います。

FXでは他国と他国のお金を交換し、
その差額で利益を上げるので、
基本的な通貨ペアは覚えておいた方が便利です。

主に使われる通貨ペアはこちら。

米ドル円(USD/JPY)
ユーロ円ユーロ円(EUR/JPY)
英ポンド円英ポンド円(GBP/JPY)
豪ドル円豪ドル円(AUD/JPY) - オーストラリアドル/日本円
NZドル円NZドル円(NZD/JPY) - ニュージーランドドル/日本円
加ドル円加ドル円(CAD/JPY) - カナダドル/日本円
スイスフラン円スイスフラン円(CHF/JPY)

基本的に計算がしやすいため、
最初は円が絡んでいる
通貨ペアを選択することをおすすめします。

 

 

ロングとショート

FXでは「ロング=買う」「ショート=売る」と言います。

ロングは安いとこで買って高いところで決済し
ショートは高いとこで売って安いとこで決済します。

FXの情報商材などを見ると、
時折見かける言葉ですのできちんと理解しておきましょう!

 

 

ポジション

ポジションとはエントリーした後、
決済せずにその状態を維持することを言います。

簡単に言ってしまえば、
エントリーしたままの状態です。

例えば100ドル買っている場合は
100ドル買いのポジションを持っているということになります。

 

 

スプレッド

スプレッドとは「差額」と言う意味で、
使を売買するときに生じる差額分のことを言います。

例えば、売値が95.508で買値が95.513だとすると
その差額(スプレッド)は0.05となります。

 

 

pips

pipsとは世界共通にさせたFX上の単位の事です。

円計算の場合100pips=1円となり、
1pips=0.01円となります。

ただ、円が含まれていない通貨通しの場合は
計算式も異なるので、
きちんと扱う通貨pipsを理解しておくといいでしょう。

ちなみにスプレッドが0.05の場合、5pipsということになります。

 

 

ロット

ロットとはトレード上でどのくらいの資金で取引をするかの、
取引通貨量の単位のことを言います。

1.0ロット=10万通貨ですが、
証券会社によっては1.0ロット=1万通貨の場合もあります。

円ドル計算です1.0ロットは10万ドルということになります。

大きな金額ですので、
1銭、10銭といった小数点単位の動きでも
利益損失に大きく影響が出ます。

 

 

レバレッジ

レバレッジとは今持っているお金を証拠金として、
その何倍の資金を使ってトレードすることを言います。

例えば資金が10万円の場合、
基本的に日本の証券会社はレバレッジ25倍ですので、
250万円分の資金を使ってトレードが出来るということです。

利益も大きくなりますが
その分損失も大きくなるので、
きちんとした資金管理が重要になってきます。

 

 

スワップポイント

スワップポイントとは「金利」のことを言います。

日本の金利はかなり低いですが、
海外では高い金利のところがたくさんあります。

金利が高い方の通貨ペアを持っていると
その分金利ももらえるので、
スワップポイント狙いのトレーダーもたくさんいます。

 

 

売買手数料

売買手数料とはFXの取引に生じる手数料のことを言います。

売買手数料は無料で利用できるところが多いですが、
まれに取引単価によって手数料が発生する場合があります。

ですので、
こういった売買手数料の料金がどうなのかも、
証券会社選びのポイントになるのです。

 

 

 

順張り

順張りとは流れに合わせてトレードをする手法のことを言います。

上がっていたら買いにする。
下がっていたら売りにする。

トレード手法の基本の一つですので、
FXをやる際には覚えておいてほしいトレード手法の内の1つです。

 

 

逆張り

逆張りとは流れとは反対方向へトレードする手法のことを言います。

上がっていたら売りにする。
下がっていたら買いにする。

プロと呼ばれるトレーダーがよく愛用している手法で
これから上がるか下がるかの予想は
これまでの経験からなるモノです。

FXのトレードになれて来たら
逆張りにもチャレンジしてみてください。

 

 

ロスカット

ロスカットとは損失が大きくなる前に
自動的に決済されてしまうことをいいます。

各証券会社によってこのロストカットの水準も違いますので、
あなたのトレードスタイルに合った証券会社を選ぶといいでしょう。

基本的には20%~50%に設定されている証券会社でしたら
間違いないかと思います。

ただ、いくらロスカットがあるといっても
証拠金以上の負債を追う可能性もあるので、
きちんとした資金管理は重要です。

 

 

 

今回のまとめ

 

・チャート
・通貨ペア
・ロングとショート
・ポジション
・スプレッド
・pips
・ロット
・レバレッジ
・スワップポイント
・売買手数料
・順張り
・逆張り
・ロスカット

以上が今回のまとめになります。

 

少しずつFXの用語にもなれ、

不自由なくトレードできるようにしましょう!

よく見られている記事

 - 知っておいてほしいFXの専門用語