インフレとデフレについて

   

 

秀吉です。

 

今回はインフレとデフレについて紹介していきたいと思います。

 

インフレとは?
インフレとはインフレーションの略で
物価が上昇し、お金の価値が下がっている状態の事を示します。

簡単に言ってしまえば、
100円のリンゴが200円に値上がりをした状態の事です。

物価の価値が上がれば経営者は利益が出ますが、
消費者の負担は大きくなってしまうデメリットがあります。

デフレとは?
デフレとはデフレーションの略で
物価の価値が下がりお金の価値が上がる状態の事を言います。

簡単に言ってしまえば、
100円のリンゴが50円に値下がりをする状態の事です。

物価の価値が下がれば消費者は安く商品を購入できますが、
経営者の利益が減ってしまうデメリットがあります。

 

 

インフレが続くとどうなるの?
バブルの時がまさにインフレの状態でしたが、
インフレの状態が続くとバブルがはじけたように経済が破たんします

インフレによって会社にお金が回れば
社員たちのお給料も右肩上がりで増えます。

しかし、その分周りの物価の価値も上昇し、
本来100円だったリンゴも1,000円まで上がってしまうのです。

そうなると円の価値がどんどん下がり、
物価だけがどんどん上がり、
結果的に何も購入することが出来なくなります。

そうなると会社にの収入も減り、
物が作れないようになり、経済が破たんするわけです。

 

 

デフレが続くとどうなるの?
今の日本がまさにデフレの状態なんですけど、
安い商品が増えると消費者は喜びます

しかし、もっと安い商品を求めるようになります。

そして企業同士が低価格競争に陥り、
結果的に企業に入る利益がドンドン減少していきます。

たくさんの数は売れるのですが、
1つ1つの利益が少ないため、
社員への給料も減っていきます。

しかし、周りの企業は商品の値段をもっと安くします。

消費者は安い商品と流れてしまうので
自社も同じように値段を下げなければ潰れてしまいます。

そうなると商品の値段を下げざるえません。

そして利益もまた減り
社員たちの給料も減ってしまいます。

しかし、周りの企業は商品の値段をもっと…。

この繰り返しが今の日本であり、
デフレスパイラルと呼ばれている状態です。

バブルをきっかけにデフレ対策をしてみたものの
結果的に一人一人のお給料が安くなってしまったので、
今では社会化問題になるほど、重要な課題になっています。

 

 

インフレデフレの原因
・需要と供給があっていない
・お金をせき止めている人達がいる
・日本人は貯金してばかりでお金が回らない

 

今の日本はまさにデフレスパイラル状態で、

日経平均株価が上がったとしても

景気を良く感じる人は少ないと思います。

 

この状態を脱するためには

みんながお金を使う事が重要なんですけど、

日本人は貯金大好きなので厳しいのが現状です。

 

これはバブルがはじけたことをきっかけに、

お金の大事さを改めて学んだことも要因の一つだと考えられます。

 

しかし、お金をせき止めていてはそのぶん

他の人にお金が回らなくなってしまうので、

適度な買い物をすることが必要なのです。

 

確かに将来を見据えて貯金をすることも大事ですが、

少し余裕が出来たらコマめの買い物をすることが

日本の経済に必要なことなのかもしれません。

よく見られている記事

 - インフレ、デフレとは?