2017年7月12日 ビットコインの価値が暴落している件について

   

 

秀吉です。

 

こまめに仮想通貨の相場はチェックしているんですが、

2017年7月12日現在、

全体的に仮想通貨の価値が下がっている傾向がみられました。

 

その中でも、特に暴落しているのが、ビットコイン。

 

1週間前は30万円近くの価値があったビットコインも

今では26万円前後を行ったり来たりを繰り返しています。

 

 

果たしてこの予想はできましたでしょうか?

 

 

急騰と急落を繰り返すビットコインですが、

これだけ値動きが激しいとギャンブルですね(笑)

 

安くなったから今「買う」のか、

それともまだまだ暴落すると読んで様子を見るのか、

これがビットコイン投資の醍醐味だと思います。

 

ただ、個人的には20万円を切ったあたりで

そろそろ安定するんじゃないかと思っているので、

もう少し下がるんじゃないかと予想しています。

 

ビットコイン以外の仮想通貨で

少しずつ上昇している仮想通貨がいくつかあるので、

リスクを分散させているようですね。

 

利便性が高い仮想通貨ですが、

投資目的としてやる投資家の影響で

ここまで急騰急落を繰り返していますが、

いずれかはブームも去り、3つ4つに絞られてくるんじゃないかと思います。

 

なぜ、絞られてくるかと言うと、

あまり仮想通貨が多くても不便だからです。

 

そもそも仮想通貨は

「世界中ドコでも使えるお金」をコンセプトに作られています。

 

にもかかわらず、

かなりの数の仮想通貨が世に出回っており、

そうなると

 

「この仮想通貨はお店で使えてこの仮想通貨は使えない」

 

といった現象が起きると思うんですよね。

 

「ビットコインの支払いは可能ですが、

 ノアコインの支払いは未対応です」

 

みたいな。

 

そうなると当然、世界共通で支払いが出来る

通貨に流れると思うんですが、

消費者としては"統一をしてほしい”と考えるはずです。

 

その統一される仮想通貨の一つが

ビットコインだと思いますが、

実際問題買い物ではビットコインよりも便利な仮想通貨もありますので、

そういった仮想通貨は生き残るんじゃないかと思います。

 

 

つまるところ、

投資目的で滞っている仮想通貨は死んで

世界中ドコでも使えるお金とされる仮想通貨は

生き残るんじゃないかと思います。

 

その生き残る仮想通貨の中でもさらに絞られ、

最終的には3社、4社に落ち着くんじゃないでしょうか?

 

今の携帯会社のように。

 

 

先が見えないのが投資の面白い所でもありますが、

これだけ値動きの激しい業界はなかなか珍しいです。

 

今、仮想通貨を購入するのなら、

ビットコイン以外の仮想通貨の方が良いかもしれませんね。

よく見られている記事

 - 投資雑記(独り言)