ブックメーカーとは?

   

 

秀吉です。

 

今回は無料オファーや高額塾でやたらと募集が多い

ブックメーカーについて紹介したいと思います。

 

基本的な知識が中心ですが、お付き合いのほど、よろしくお願いします・

 

そもそもブックメーカーとは?

 

そもそもブックメーカーとは、

イギリスが認めている賭博の事で、

スポーツを中心にどっちが勝つか負けるか、

また、明日の天気は晴れるか晴れないか、などの

日々日常的に生まれる二択なんかも賭けの対象となります。

 

配当の仕組みは様々で、

2倍以上の金額を貰えるものもあれば、

1.1倍と少額の場合のケースもあります。

 

勝負が目に見えている試合の場合は大抵1.1倍のケースが多く、

高額塾を販売している業者は

この事を明かさずに販売しているケースが非常に多いです。

 

ブックメーカーを取り扱っている業者は色々あり、

bet365

 

ウィリアムヒルスポーツ

 

bwin

 

基本的にこの3社が有名かと思います。

 

また、ブックメーカーの高額塾や情報商材を購入すると

bet365を推奨している事が多いです。

 

私も色々回っていますが、

確かにbet365は扱いやすく、信頼性も高いと感じました。

 

 

ブックメーカーのメリットデメリット

 

個人的に思うブックメーカーのメリットデメリットは以下の通りです。

●メリット
・一攫千金を狙える(高いオッズもある)
・少ない資金から始められる(20円~)
・スポーツ観戦が楽しくなる
・スマホだけで出来る
・市場が大きい

●デメリット
・ギャンブル要素が強い
・表記が英語
・利益率が低い
・出金するときに手数料が発生する(650円~)
・ブックメーカー対応の証券会社が少ない(エントロペイ、エコぺイズなど)
・日本では合法ではない
・海外が中心なので深夜が多い

私自身はブックメーカーはギャンブルだと認識しているので

否定的な意見が多いんですが、

趣味としてコミュニケーションツールとして

ブックメーカーをやるのはアリだと思っています。

 

ようは、遊びだったらOKですが、投資としてならNGということです。

 

お金稼ぎをしたいならFXや株式投資といった、

長期的に稼ぎ続けられるビジネスモデルをおすすめしています。

 

 

ブックメーカー高額塾あるある

 

ブックメーカーを高額塾として販売している業者の

平均価格は10万円前後が多いです。

 

そこからさらにバックエンドが、

「もっと勝率の高い方法はこちらと」

20万、50万円と用意されているケースをよく耳にします。

 

また、ブックメーカーの高額塾を販売するにあたり、

勝率を90%~100%と謳う業者が非常に多いんですが、

勝率が高いには訳があります。

 

それは勝率の高い試合は配当が少ないということ。

 

先ほども言いましたが、

ブックメーカーの配当は一定ではありません。

 

参入者が多ければ多いほど

配当は大きくもなりますし小さくもなります。

 

ですので、

勝率90%を謳う業者の場合、

きちんと購入する前に配当を知る必要がある訳です。

 

過去の案件では、蓋を開けてみれば、

10ドルを賭けて1回勝てば0.1ドルの利益
しかし、100回やって1度でも負ければプラマイゼロ

そんなノウハウも多く出回っているわけです。

 

それで、1日4、5回しか試合に参加しないので、

元を取れるのはいつになるんだ、って話になるのです。

 

当然業者たちは

そんなことを無料オファーや動画で公開してしまえば

購入者もガクンと減りますし、高額塾の売上も伸びないので、

説明をしていない業者が多いのが現状です。

 

 

ブックメーカーの攻略法とは?

 

ブックメーカーで必勝法とまではいきませんが

少しでも勝率を高くする方法もあることにはあります。

 

今回はその条件を少し紹介したいと思います。

 

まあ、どこぞの情報商材の受け売りですが(笑)

 

その条件と言うのが、

・サッカーの試合を選ぶこと
・betするのはギリギリまで待つこと
・betする試合は配当が少ない試合を選ぶこと
・betする試合は3点差以上開いている試合を選ぶこと
・betする試合は条件が厳しい試合を選ぶこと

だいたいこんな感じです。

 

ブックメーカーにも勝つか負けるか以外にも

後半に点数が入るか、一試合で点数が入るか、

などなど細かい条件も用意されています。

 

そういった条件が細かければ細かいほど

予想はしやすいので勝ちやすいです。

 

また、サッカーの試合で相手チームと3点以上差が開いていれば、

その試合の結果の予想も簡単ですので、

3点以上の差が開いている試合も狙い目です。

 

 

高額塾には先ほど私が挙げたような

条件が設定されているツールが出回っており、

その試合だけを表示できるモノもあります。

 

その表示して出てきた試合を

LINEやメールでシグナル通信形式で

どちらにベットすればいいかを知らせているわけです。

 

正直、業者間でもツールの取引があるようですので、

LINEやメールでお知らせをしてくれる

シグナル通信形式のノウハウというのは、あまり信用できません。

 

 

どっかから配信された内容を

高額塾購入者にも同じように配信すれば事が済んでしまいますからね(笑)

 

 

ですので、

もしブックメーカーの高額塾の購入を検討中の方は

きちんと自分のパソコン上におすすめの試合が表示されるような

ツールのほうが安心して取り組めるのではないかと思います。

 

 

今回のまとめ

 

・ブックメーカーはイギリスのもの
・勝率90%以上を謳う業者は配当が少ないケースが多い
・ブックメーカーの高額塾の平均価格は10万全前後
・ブックメーカーをやるならとりあえずbet365
・遊びとしてならOK、投資としてならNG

以上が今回のブックメーカーのまとめになります。

 

ブックメーカーを推奨している高額塾が多いですが

勝率が高いには何か裏がありますし、

簡単に稼げるほどブックメーカーも甘くありません。

 

仮にブックメーカーに興味があるということでしたら、

まずは自分自身で一度やってみてから判断されるといいでしょう。

 

個人的には投資をやりたいならFXや株式投資をおすすめしています。

よく見られている記事

 - ブックメーカーとは?, ブックーメーカーについて